夏の家族全員での楽しくやっぱり父はすごいと思った事

2016年に夏(8月ごろ)に自分の親(父、母)と姉と姉の旦那と甥っ子二人と自分の計7人で、家の近くのキャンプ場へ行った。
そのキャンプ場には公園などあり、テントだけではなくロッジまでついているキャンプ場だった。

ロッジを借りていたが、父は山育ちで自然の環境が好きだったので、あえてロッジに入らずに、ロッジの近くの広場で甥っ子(孫)の二人とテントの立て方を指導しながらテントを立て、父だけはテントで過ごした。

甥っ子(孫)の二人も珍しかったのか、ロッジで過ごさず、父と一緒にテントで過ごしていた。

夕方になり、ロッジの近くで父の指導の下、甥っ子の二人と協力しながら、バーベキューの準備をして肉や野菜を焼いて食べた。
父は飯盒に米を入れてキャンプならではであるご飯の炊き方も甥っ子たちに指導していた。

キャンプ指導員の経験もあった自分は、甥っ子たちには指導せずに父に任せていた。
その父を見て「うれしそうに教えていたので、良かったなぁ。」と思った。

バーベキューが終わり、バーベキューで使った火を消さずにつけたまま、買っておいた手持ち花火で甥っ子たちと小さな花火大会をした。
花火の終盤には線香花火をして、「誰が一番火を落とさずに出来るか」を競い合った。

花火も終わり、寝に入ろうとした時に、初めはテントで「おじいちゃん(父)と一緒に寝る。」と言っていた甥っ子二人が、夜になりテントに入ったら暗すぎたせいなのか怖がって、「やっぱり、ロッジで寝る。」と言い出した。

やっぱり、「夜になると分陰気が違うので怖くなったのだろう」と思った。

父が山に詳しくて甥っ子たちも嬉しそうだったので、「良いキャンプ体験ができたなぁ。」と思った。

母も姉も姉の旦那も甥っ子二人と自分も父の自然の詳しかったことに感謝した。

あとで、父にキャンプ場の料金を聞くと1万5千円ぐらいだったよ。と教えてくれた。

「楽しかったので。いいよ。」という父がお金は全部払ってくれた。有難かった。