貝塚二色の浜で久しぶりにアラサー潮干狩り

2013年の5月に職場の同僚アラサー4人で、「春だし、どこかに行きたい、自然に触れたいよね!」ということで、久しぶりに潮干狩りに行くことになりました。場所は、大阪の貝塚二色の浜潮干狩り場です。大阪駅で待ち合わせして、同僚の車で出発しました。高速道路を使い、現地には1時間程で到着しました。お腹が減っていたので、まずはランチをしようと周りを見渡すと、チェーン店のレストランが少しある位だったので、せっかく海に来たなら、海が見える所で食べようということで、近くにある売店で焼きそばを購入して、海を眺めながら砂浜で腹ごしらえをしました。
そして、いざ潮干狩りに出陣!入場料が、大人一人お土産貝付で1500円もします。下調べしていなかったので、思っていたより高い値段に少し躊躇するも、せっかく来たからということで問答無用に入場しました。14時頃だったからか、潮干狩り場は空いていました。小さい頃に連れて行ってもらった潮干狩りでの記憶を辿って、穴を掘ったり、足で探そうとするも、あさりは、10個程しか取れませんでした。アラサーには体力的に少しキツかったです。ただ、皆で海岸に行き、貝を探すということ自体が非日常の体験だったので、リフレッシュできて新鮮で楽しかったです。コストパフォーマンスだけで考えると、普通にあさりをスーパーで購入した方が安いような気もしますが、リフレッシュできる等の付加価値を考えると、また行きたいなと思います。